ハウスメーカー既存の住宅でも注文住宅並みになる?

もちろん注文住宅は要望をなんでも聞いてくれるのですが、そうでなくとも、ハウスメーカーが提案する既存の一戸建てにおいても、今では壁紙やフローリングの色は選ぶことができるのです。

と、言いますか、ハウスメーカーの既存の住宅でも、今ではセミ注文住宅とも言えるほどに、選べる範囲が広がっていますからね。

住宅設備にしましても、住宅設備メーカーの指定は入るものの指定の範囲内でいくつかの選択肢が用意されているなど、利用者のことを考えて対応されています。

また、場合によっては、料金を上乗せすることで希望の住宅設備を入れることもできることもありますからね。
ですから、なにも注文住宅でなくとも、自分の理想に近い形のマイホームを建てることもできるのです。

ハウスメーカー既存の住宅が大枠で気に入ったのでしたら、部分部分を相談する形で話を進めていってもいいでしょう。
既存の住宅のケースにもよりますけれど、間取りに関わらない住宅設備やフローリングの色、それに壁紙や造作家具などの場合に関しては、結構柔軟に対応してくれる場合が多いですか

相談してみることは損なことではないでしょう。