建売り住宅の見極めポイントは外構!?

「良い建売り住宅」と「悪い建売り住宅」を見極めポイントといえば、住宅設備がまず最初にあげられることでしょう。
住宅設備にかける費用を安く抑えて、そして儲け幅を増やすこともできますからね。
建売り住宅の善し悪しを見極めるポイントといえば、代表的なところではまずは「住宅設備」です。

しかしそれ以外にもあるのです。
もうひとつの代表的なものは「外構」です。
こちらも住宅において、費用を抑えることができるところですから。
だって極端な話ではありますけれど、外構は別に何もする必要がなかったりするのです。

注文住宅の場合ですと、予算の関係上「外構作り」は施主の意向を反映して後回しにされることもしばしばあります。「外構は後から自分たちで作る」として、その分の費用を他の部分にかけて家造りをする〜といったやり方も、マイホーム建設ではよくある話です。

けれども建売り住宅となれば話は別の問題でしょう。
建売り住宅は既に家として完成されている状態での販売ですから、あまりにも粗末な外構の場合はよく考えた方がいいでしょう。

全体の費用が格安価格ならば仕方のないことかも知れませんが、それなりの販売価格であるにも関わらず、外構にあまり手が加えられていない場合は、その建売り住宅の費用配分を確かめた方がいいかも知れませんね。

けれども逆に、そこそこの販売価格にも関わらず、外構がしっかりと作ってある
建売り住宅の場合は信用できる可能性が高いでしょう。

PR|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|内職 アルバイト|オーディオ|JALカード|童話|マッサージのリアル口コミ.com|アフィリエイト相互リンク|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|初値予想|ショッピングカート|GetMoney|お小遣いNET|住宅リフォーム総合情報|